2011年12月25日

東京ハイナンバーズ!!第137号

ついに10周年アニバーサリーイヤーも最終号!今年もお世話になりました。東京ハイナンバーズ!!第137号配信!

☆ 直前ライブ情報☆
2011.12.26(月)@自由が丘マルディグラ [アコースティック]
COOL JOKE SOUL CLASSICS
"Thank you Bohemians & 2011"
[開場/開演]:20:00START
料金[前売り/当日]:\2500(オーダー別)
出演
COOL JOKE unplugged、山下 雅之、COOL JOKE SPECIAL ACOUSTIC BAND
※今年も色々ありました!!
ボヘミアンに改めて感謝!!ということで、COOL JOKE主催、大忘年会を開催致します!!
石川&アサバのCOOL JOKE unpluggedでの演奏あり、山ちゃんこと山下雅之さんとのコラボあり、初の試み サイトー&タクマも参加してCOOL JOKE SPECIAL ACOUSTIC BANDでの演奏あり。
音楽を楽しみ、そして皆で飲んで、2011を締めくくりましょう!!

問い合わせ先:自由が丘マルディグラ 03-3722-6892

2012.1.08(日)@郡山#9
出演
YOUTH26、ひとりぼっち秀吉BAND、カイサンキング、ザ・少年ズ
問い合わせ先: 郡山#9 024-934-1980

=石川寛也ソロ=
12/29(木)池袋Adm (東京都)<GUDA-GUDA>

詳細は
COOL JOKE official web site
http://cooljoke.net/
ページにて


ご予約はcooljokenet@yahoo.co.jpもしくはinfo@cooljoke.netまで、お名前・日程・枚数を明記の上メール下さい!!

〇〇〇〇〇〇〇〇〇

サンタクロースの代わりにあわてんぼうの冬将軍がやってきた。おまけにプレゼントには大雪を伴うグレートな冷え込みを持ってきやがったもんだからそれはそれは寒い。朝布団から飛び出る瞬間や夜道の北風などもはや事件と呼べるだろう。
だけど俺は知ってる。
我々のハートのキャンドルには冬将軍にも消せやしない熱い炎が灯っているってね。
エブリバディ、メリークリスマス。


さぁ!2011年クライマックス、第137回目にして今年最後の“東京ハイナンバーズ!!”もその炎にガソリンをぶちまけるかの如くご機嫌に参りましょう。今回は毎年の事ながら年末だけにこの一年を振り返りつつ、来るべき2012年に思いを馳せながら。

今年やったライブの数を数えてみたら残すあと2本を入れて93本だった。その内COOLJOKEのライブが35本。青森から宮崎までガンガンにドサ回りしていた頃は軽く年間100本以上はやっていただろうし、多い時は一月に20本近くやっていたのだから当時に比べると本数は確かに減った。
だけどその分も一回一回を自然により大事に思えるようになったし、今までより自分にとってライブがもっと特別なものになった。
当たり前の事だけれど改めて、ライブはいいよな。

来年はソロを減らそうと思う。
弾き語りも好きだしもう一つやっているGUDA-GUDAというバンドも楽しいしソロの音源も出す予定だが、辰年に関東の昇り龍のよじ昇りっぷりを全力で発揮できなきゃ嘘でしょう。
壁?あぁ昇るね、うねうね昇る。
夜?あぁ踊るね、夜な夜な踊る。
思いっきり楽しみながら、COOLJOKE参りますよ。


この一年、本当にありがとうございました。
やるぜ来年♪
まずは明日♪
2011年あとロック日、ハートのキャンドルにダイナマイトを仕掛ける勢いで素晴らしい2012年を迎えにいこう。

(text by 石川寛也)
〇〇〇〇〇〇〇〇〇
2011年も瀬戸際まで来ました。
早かったね今年も。

今年は10周年アニバーサリーイヤーっていうことで、1月の3マンから7月のワンマン、そして最後12月の2マンまで、いろんな企画イベントをやってきました。来てくれたお客さん、ありがとう。そして、一緒にステージを作ってくれた共演者の皆さん、本当にありがとう。10年間の一番の財産ですよ。お客さんと、仲間。

11年目を迎えるにあたってね。いろいろと考えるわけですよ。
COOL JOKEの存在意義ってなんだろう?とかね。この一年、折に触れて考えてきたのですがね。12月9日、ブルボンズとの2マンを見ていて、改めて思いましたね。

COOL JOKEの存在意義、それはお客さんや、周りの人達の笑顔や元気の源であること。どんなに辛い事や悲しい事があっても、COOL JOKEのライブを見たり、曲を聴いたりしするとパワーを取り戻せる。明日へ向うエネルギーが充電できる。

すごく根本的な事ではありますが。そんな存在でありたい。2012年改めて、そこを目指したい。
最高の笑顔を、改めて作って行きたい。
それってきちんと考えて、苦しんで、努力しないとできないことなんであって。
そのために考えられる限りの努力をしたい。

そしてその先の、笑顔の未来へ、皆で辿り着きたいです。

2011年、皆さん本当にありがとうございました。
2012年、イヤーオブドラゴンも何卒よろしく。

PS;さしあたり明日、自由ヶ丘マルティグラ。
最高の笑顔で、2011年を締めくくりましょう!!

(text by JAKE)
〇〇〇〇〇〇〇〇〇
☆☆☆☆
Suguru AsabatakeによるCOOL JOKEの楽曲解説
「COOL JOKEの音がよい。」
☆☆☆☆
さて波に乗ってきました楽曲解説のコーナー。いろいろと反応があるので(Twitter等で)書いてる方としてはとても楽しいね。

さて、今回紹介しますのはアルバムRealityより「威風堂々」波に乗りながら紹介していくぜ!

ご存知の方も多いかもしれませんがこの曲はワンピースやパイレーツオブカリビアンにインスパイアされまくって「お、俺…海賊の歌が…書きたい」とおっしゃいまして石川大先生が書き上げられました大作。

次回ワンピースの主題歌としても十分に聴ける仕上がり。石川節炸裂しまくりのゴリゴリのバリバリのロックナンバーでやんす。

石川君の曲はとてもシンプルなので、どのように色付けしていくかっていう事をいつも考えてるんだけれども。

あーでもないこーでもないって話あってこの曲は「海賊」ぽく「悪っぽく」って所をフィーチャーしようぜ!って考えたのよね。

そしたら「シタール」っていう楽器の音を入れたら、悪っぽい雰囲気がでるんじゃね?っというアイディアが出てきましてね。

実は間奏部分と後半部分にエレクトリックシタールっていう変わった楽器を使っているのよ。

「ミニョーン」て感じのエレキギターとはまた違う響き、うまく表現できんけれど何かオリエンタルさと悪っぽい感じ出てるでしょ?(オリラジじゃないよ、チャラくなっちゃうから…笑)

そして忘れちゃいけないこの曲のポイントは何と言っても随所で出てくるコーラス。Bメロの「ヨーホー」と曲の最後でいきなり出てくる「バンバンバン!」

「バンバンバン」に関しては一体何の意味があるのか未だに俺もわからんけれど(勝手に鉄砲とか大砲の音のイメージかな?と思ってはいるけれど…詳しくは石川さんに聞いてください、笑)

メンバー全員と多分JAKEも参加してかなりの回数を喉が擦り切れて血ヘドが出るまで歌ったので、まるで海賊団が海原を我が物顔で暴れまわるみたいな雰囲気でてるでしょ?

ちなみに、バンバンバンがはじまってちょっとしてからお調子者が歌っているような声が聞こえてくるんだけれど、あれジャッカルの声なんですよ(笑)普段はクールぶってるけれど意外とお茶目なの、彼(笑)

このメルマガ見たらCD聴いてどの声か確認してみると面白いかもね!

うーむ、今回も長文になっちまったな。これでも言いたいことの1割ぐらいしか書けてないんやけれど…

後はCDで実際に聴いて確かめてくれ!頼むぜ!

(text by suguru asabatake)
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
「東京ハイナンバーズ!!」第137号、いかがでしたか?
ご意見、ご感想、COOL JOKEへの質問、悩み相談などメール募
集。info@cooljoke.netまで。
頂いたメールは「東京ハイナンバーズ!!」内で取り上げさせて
頂くことがあります。

「東京ハイナンバーズ!!」第138号は2012年1月5日配信予定です。

(C)COOL JOKE/合同会社ハイナンバーズ
http://www.cooljoke.net/ (PC,携帯共通)
posted by jake at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/242503123

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。