2012年03月16日

東京ハイナンバーズ!!第145号

春の足音がもうそこまで!!
「東京ハイナンバーズ!!」第145号、配信!!

☆ 直前ライブ情報☆
2012.3.18(日)@渋谷RUIDO K2
アニメファン必見!! 全世代対応型イベント
「私たち、このアニメの主題歌唄っています。」
3MAN SPECIAL!!
[開場/開演]:18:00 / 18:30
料金[前売り/当日]:¥2500 / \2800
出演
RAMAR、あきよしふみえ
※過去にアニメの主題歌を担当した経験のあるアーティストを集めた3マンイベント!!山ちゃん、ヨネさんを加えた6人編成で挑みます。
出演者詳細はmixiコミュ http://mixi.jp/view_event.pl?id=68382669&comm_id=152459
にアップ!!
(問)渋谷RUIDO K2 03-3462-5310

☆ 石川寛也ソロ☆
3/29(月)@下北沢Laguna「下北フォーキーズ」
3/30(火)青山RED SHOES(GUDA-GUDA)

詳細、その他のライブは
COOL JOKE official web site
http://cooljoke.net/
ページにて


ご予約はcooljokenet@yahoo.co.jpもしくはinfo@cooljoke.netまで、お名前・日程・枚数を明記の上メール下さい!!

〇〇〇〇〇〇〇〇〇
あなたは今までに寝坊というものをした事があるだろうか?
恐らく誰しもあるだろう。
生まれてこのかた一度も寝坊なんてした事がないという人は目覚めの達人、もはや起床の神だ。
そんな人きっと一人もいないとは思うが、大人になっていくにつれ寝坊というものは自然と減っていくであろうもの。これは成長期における責任感の確立を表している。
そんな中、思春期に少年から大人に変わったはずなのにいまだにバリバリの現役で寝坊してしまう私は、やはりこれはいかんなと自問自答している昨今なのである。


第145回目の“東京ハイナンバーズ!!”では一見ロックバンドとはまったく関係のないこの寝坊について掘り下げて考えてみたい。
NHK的な角度でいくぜ。
定義を挙げるならば自分で起きようと決めていた時間または起きなければならない時間に起きられなかった、寝過ごしてしまった場合をさして使われる言葉。これによって仕事であったり待ち合わせであったりという約束の時間に対する遅刻に直結する事は言うまでもない。つまり自分以外の誰かを待たせる、少なからず迷惑をかける事になるだろう。
以前美容師として男を奮っている仲間はこう言った。
「おめえ遅刻だけはあかんぞ。あれやると一日変なー空気んなるでな。起きりゃいいんやで。な。」
分かる。分かっちゃいる。
しかし人間だもの。
誰にだって失敗はある。
もとより遅刻をしないのがベストではあるがこれからの人生においてしてしまった時の対処として何がベターなのか?
今日は5択で考えてみよう。

1・謝る大(反省の色をこれでもかというくらいにじませながら真心込めて、勢い余れば片膝ついて)
2・謝る小(言葉では謝罪しながらも重くなりすぎずできるだけライトに)
3・とぼける(時間そのものを勘違いしていた事にしてうっかり感を全面に押し出す)
4・逆にきれる(目覚ましがならねえんだよ!どうなってんだ?ふざけてるぜコンチクショウ!!的に)
5・いたって普通(まるで何事もなかったかのように)

ファイナルアンサーは場面、人によって異なるだろうが私の場合は1か3がほとんどだろう。完璧にやってしまった!という場面での私の1はもはや謝罪のプロと呼んでも差し支えない。
また、通常ほんのちょっとの遅刻をしてしまった場合は2が多数派を占めるだろうし、タクマは限りなく4に近い空気を出す才能がある。5はある意味天才である。
寝坊=はみ出してる=ロック⇒オールオーケー
と履き違えていたあの頃に手を振って、私も今後は約束を守れる男になりたいと思う。
いいだろうか。
計画は崩れる為にあるが、約束は守られる為にあるのだ。

さ、18日は一等ご機嫌な一日にするとしよう。約束だ。

(text by 石川寛也)
〇〇〇〇〇〇〇〇〇
今回、私が言いたいのはたった一つ。

3月18日(日)渋谷RUIDO K2での3マンに来て欲しいのです。

アニメの主題歌を担当した事のあるバンド3バンドでの3マン。
「ゾイド-ZOIDS-」というアニメのテーマソングを担当した<RAMAR>、ポケモンのテーマソングを担当した<あきよしふみえ>(この日はバンド編成)、いずれもアニメというキーワードはあるものの、確固としたライブを重ねてきたライブアーティスト。そういった対バン的な魅力もさることながら。

COOL JOKE、このライブが終わるとしばらく東京でのライブはありません。ほんとにありません。
なのでね。
皆集まって欲しいのだ。勝手な理由ですが。
2012年の春、COOL JOKEのライブはこの一本。
生涯残る記憶を、皆で刻み込みたいのだ。

盤石の新体制、6人編成で挑みます。
渋谷RUIDO K2で、二度とない夜を。
お待ちしております!!

(text by jake)
〇〇〇〇〇〇〇〇〇
☆☆☆☆
Suguru AsabatakeによるCOOL JOKEの楽曲解説
「COOL JOKEの音がよい。」
☆☆☆☆
春がもうすぐやってきますね。楽曲解説のこのコーナー、今回は番外編として音についてちょっと偉そうに解説しちゃおうかなと思います。

6人編成でライブをやるようになって半年が過ぎ、ライブをやる度に新しい音作りについて考えて研究している最近のCOOL JOKE。楽曲をつくるのと同じように音についてもいつも考えながらやっているんですよ!

いかに良い音で曲を聴いてくれる人に届けられるか?というのはミュージシャンにとって切っても切れない、そして終わることの無い永遠の命題なんだけれど。4人でやってるのと6人でやってるのじゃそりゃいろいろなことが違うわけで、単純に「4つだった音に2つ加わるだけじゃん」なんて生易しいものじゃないのよね。
魂のこもった音のぶつかり合いだもの…ベースが大きすぎてもダメだし、かといって迫力無いのもつまらないし、ギターがしょぼい音だったらせっかくのロックバンドが台無しだし、楽器隊の音が死ぬほどカッコよくたってヴォーカルが聴こえなきゃ意味ないし。
人と人との関係と同じように一筋縄じゃいかないのよね。
でも、そこは人間同士が奏でてる音だから話し合って改善していけば6人が奏でる音で何十人何百人って人達を感動させることだってできるんだから音楽って不思議。
世田谷のサウンドメイカー、サポートギタリストの山下さんのアドバイスのもとバンドでの音作りを研究する日々。また18日には一皮むけたCOOL JOKEのサウンドを皆にお届けできるんじゃないかと思います。
どう変わったのかって?
口で説明したって、文章で書いてみたってそりゃ伝わらないかもね。
ライブハウスに来てあなたの目と耳で感じてみてください。またいつもとは違った、進化し続けるバンドサウンドが聴けるかもね♪
もちろん音だけじゃなくて演奏や曲、詩なんかにも耳を傾けてほしいんですよ。
でも、それを表現する「音」に着目してみるってのも1つおもしろいかもね♪
もちろん、音にこだわって録音してるCDも手に取ってもらいたいし。ミュージシャンの生き様みたいなのをライブ会場で肌で感じてもらって、そのこだわりの結晶ともいえるCDでまたさらに聴き込めば、またさらに1歩踏み込んで音楽を楽しめるかもね!!

そうすれば…
皆様も立派なエリートボヘミアンの仲間入りでございます(笑)

さて、次回ぐらいからまた楽曲解説に路線を戻していこうかなぁ。
コラムも音楽も日々進化!!粘り強く続けていきまっせ!!!!

(text by suguru asabatake)
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
「東京ハイナンバーズ!!」第145号、いかがでしたか?
ご意見、ご感想、COOL JOKEへの質問、悩み相談などメール募
集。info@cooljoke.netまで。
頂いたメールは「東京ハイナンバーズ!!」内で取り上げさせて
頂くことがあります。

「東京ハイナンバーズ!!」第146号は3月25日配信予定です。

(C)COOL JOKE/合同会社ハイナンバーズ
http://www.cooljoke.net/ (PC,携帯共通)
posted by jake at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。